看板制作を実施するなら理解しておきたい色の知識

横断幕がオススメ

屋外で利用できる広告の種類として看板がありますよね。その中でもオススメなのが横断幕となります。横断幕には様々なメリットがありますから、屋外での宣伝方法を考えているなら、一度利点をチェックされてはいかがでしょうか?

横断幕を利用するメリット3つ

たくさんの人に情報を発信できる

横断幕は非常に大きなものですから、多くの人の目に留まることが期待できます。もっと多くの人に見てもらえる横断幕にしたいのであれば、設置場所やデザインに工夫をすると良いでしょう。例えば効果的な配色を考え、情報をある程度絞ることで、伝えたいことを的確に発信できます。また見てもらえる場所を考えることが重要となるのです。

設置できる場所が多い

あらゆる場所に簡単に設置することができるのも横断幕のメリットの一つです。横断幕は屋根に設置することもできますし、壁に取り付けることもできますよ。看板の掲載場所に困っているという方であっても、横断幕であれば設置できる可能性が高いのです。横断幕は設置も簡単ですし、丸めることで持ち運びもラクラクですよ。

費用を節約できる

横断幕を活用することによって、制作費そのものを削減することができるでしょう。設置も簡単ですから、ご自身で行うこともできますよ。また、横断幕の素材によっては、耐久性の高さを得ることも可能となります。長持ちする、安い看板を求めているなら横断幕の利用を考えてみましょう。

看板制作を実施するなら理解しておきたい色の知識

色見本

色がポイント

これから看板を制作するなら、ポイントとなるのが配色です。看板は「目に留めてもらえるか?」が大切ですよ。注目してもらうために効果的なのが配色だと言えるのです。看板のデザインを考えていく際には、色を十分に検討する必要があるでしょう。そのため、色に関する知識を深めておくべきです。

設置場所を考えた配色

看板を作成する時には色が重要だと言いましたが、その理由は「看板の制約を守るため」という点も含まれています。看板を掲げる際には、設置場所の自治体が設けている制約をチェックする必要があるでしょう。その制約の中には、色の決まりも含まれているのです。色についての取り決めを設けることで、景観を守るような目的があるからです。例えば日本の美観が象徴的な観光地などで彩度の高い看板を設置してしまうと、景観が損なわれてしまう恐れがあるのです。そのため看板を制作する時には、設置する場所の状況を考慮しながら配色を考えなければなりません。

彩度や明度を理解して

配色を検討する際に知っておくべき知識となるのが「彩度」や「明度」です。自治体によって、彩度や明度に制限が設けられていることが多いためです。彩度を簡単に言い表すと「鮮やかさ」であり、明度は「明るさ」になります。これらの基準値を守りつつ、看板の配色を考えるようにしましょう。配色の彩度や明度を確認するためには、デザインを制作するためのソフトを利用してください。ソフトを利用することで、彩度や明度の数値を確認・調整することが可能でしょう。

あなたはどのように看板のコストを抑えましたか?〜口コミ情報〜

早めに発注しました

看板を作成する時にお金がかかる部分って、人件費なんですよね。だから安く済ませるために発注をなるべく早く行っておくことをオススメします!日にちがギリギリだとその分人が必要になると思うので。早めに発注すると計画的に制作を実施することができるので、費用を節約できると思いますよ。

続けて利用していく

看板にかける料金を安くするために、同じ業者に看板作成を依頼するようにしていますね。同じ業者に看板を作ってもらうことでコミュニケーションもスムーズですし、1から作るということが無くなるため、制作や打ち合わせにかける時間が減り、料金が安くなることが多いですよ。

広告募集中