紙袋の印刷を小ロットでも安くできるポイント

紐にはどんな素材が使われている?

紙袋を作る時には、紐の材質を選ぶ必要もあるでしょう。紐の素材は様々ですから、こちらから代表的な紐を確認してください。紙袋に適した紐の素材をチョイスするようにしましょう。

紐に使用される代表的な素材

  • ポリプロピレン
  • プラスチック
  • アクリル

紙袋の印刷を小ロットでも安くできるポイント

紙袋

安く対応してくれる業者を

紙袋の印刷を依頼する時には、あまり多くの枚数を必要としない場合もあるでしょう。例えば季節限定の紙袋を用意するような時には少ない数を発注することもありますよね。そんな時には小ロット印刷を安く依頼することができる業者を探してください。

規格サイズで安くなる

小ロット印刷を受け付けている場合には、規格サイズが設けられていることがあるでしょう。小ロットを依頼しつつコストを抑えるためには、業者が提示している規格サイズの紙袋を作成する必要があります。

A4が入るサイズ

基本となる紙袋のサイズはA4を収納できるタイプとなります。そのためA4サイズの紙袋であれば小ロットでも安く依頼できるケースが多いでしょう。業者に依頼する際には、コストが抑えられるサイズや素材などを問い合わせるようにしてください。

紐の取り付け方法

小ロットでもコストをなるべく抑えるには、紐にも工夫が必要です。紐の取り付け方法を貼り付ける手法にすることで、紙袋を制作する料金を安くすることができるでしょう。

紙袋に利用される紐の種類

PP紐

PPとはポリプロピレンの略称であり、非常に強度が高いことが特徴となっています。そのためある程度重量感のある物を入れることを想定した紙袋を作成するような時には、PP紐がオススメなのです。

紙単丸紐

紙袋を小ロットで作成する時には費用を抑えたい時もあると思います。そんな時には紐として紙単丸を利用すると良いでしょう。こちらを選択することによってコストを抑えることができます。

紙三本紐

紙単丸紐をねじり合わせて一本の紐にしたものが紙三本紐となります。安さと強度、見た目の良さなどを求めているなら、こちらの紐をチョイスしてみましょう。

アクリル丸紐

アクリルで出来た紐で、柔らかいことが特徴です。こちらの紐はコストが上がってしまうことが難点ですが、その分高級感を持たせたい時には最適でしょう。

アクリル平紐

アクリル製で、平たい形状をしている紐がこちらになります。このタイプは服飾を扱う店舗で利用されることが多いでしょう。そのイメージから、女性らしさを感じさせることができます。

広告募集中